コレクション: つくりて:鈴廣かまぼこ株式会社


創業160周年を迎える小田原のかまぼこ店

「老舗にあって、老舗にあらず」を社是とする『鈴廣かまぼこ株式会社』さん。
「老舗にあって」とは、どんな時代になっても決して変えてはならないことは頑固に守るという決心。一方「老舗にあらず」とは、変えなくてはならないことは勇気をもって変えるという決心。
この二つの決心を行動の指針とし、伝統を守りながら、現状に満足することなく常に新しいことへ挑戦し続けているとのことです。

   

慶応元年の創業以来、かまぼこを中心に水産練製品の製造、販売を手がけるが、近年は「かまぼこ博物館」やレストラン「えれんな ごっそ」の運営等も行っている。次の企業で鈴廣グループを形成している。

  • 株式会社鈴廣蒲鉾本店 - 鈴廣グループ全体の管理部門。
  • 鈴廣かまぼこ株式会社 - 商品製造部門。小田原市内に風祭工場と惠水(めぐみ)工場がある。
  • スズヒロシーフーズ株式会社 - 業務用食材の卸販売部門。
  • インターシーズ株式会社 - 原材料の海外調達部門。


地元が見守ってきた箱根駅伝とは。小田原中継所の鈴廣蒲鉾、出場校が愛用する常宿の女将に聞きました | おすすめ記事 ×スポーツ『MELOS』


箱根駅伝の小田原中継所は鈴廣かまぼこの里(鈴廣本社前)にあり、「鈴廣前」という通称で親しまれている。